スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

\(☆^〇^☆)/ オバンデス

最近暇があれば見てるサイトがあります。
そ、それは!
「事実.しょこたん's ROOM」です(*^^*ゞ

思いっきりやらせとわかっててもなんか良いもんですなぁ
1分あるかないかの短いシーンですが何度も見てしまいます(^^;;
しょこたんの部屋ってこんなんだったかなぁと思いますけどそれでもいいのですわん。
ついさっきは開いたら突然定点カメラの前で変顔やり出したのでびくりしましたが。
変顔しなきゃ良いのに(^o^;;

まぁ、それはいいですわm(_ _)m

ギター改造経過報告~その11

テールピースの基本的な部分は一応出来ました。
次はブリッジで、その次はエスカッションですね。
先が長いなぁ
精密に金属を加工する事は本当大変な事ですね。
もう今回限りでやめておきましょう(^^ゞ
誰かに頼まれたらテールピース1個15,000円、ブリッジは1個30,000円は値を付けておきます。
そうすれば誰も頼んで来ないでしょうから。

Tピース穿孔

Tピース途中

やはりですねぇ
厚みのあるものを垂直に綺麗に穴を開けるのは至難の業ですね。
ちゃんとした工作機械があれば訳ない作業かと思いますが、自宅でチビチビやるにはこれが限界ですな。
とりあえずは今の所許容の範囲でごまかせるかと思いますが。
0.何ミリ~とか精密にケガイてあるものを1ミリも芯がずれてしまい、それを許容の範囲と言う私はなんていい加減なんでしょう。
ここから言い訳....
ギターなんて楽器は所詮チューニングを合わせるなんて理論上不可能に近いんすよ。
だって、ピーンと張った状態の弦を6弦から1弦に向ってE、A、D、G、B、Eとチューニングしますよね。
例えばその6弦Eの12フレットは1オクターブ高いEになるんですが普通ならわずかに#寄りになります。
指で12フレット押さえるとその分弦が伸びて高くなるのは当然です。
その誤差をブリッジの所でオクターブピッチを揃えるのですよ。
その誤差を修正しても、弾くたびに指の力加減が変わったりチョーキング気味なったりで音は変わりまくります。
ですから多少はセットする位置がずれてもブリッジのサドルが幅広く可動するワイドトラベラーにしておけば大概何とかなるのです。
ピアノなんかは全て開放弦で打弦音ですからかなり精度いいチューニング出来ます。
ピアノなんかと一緒に弾いたら音ズレでワウワウ~言いますよ。あたり前と言えばあたり前でした~
言い訳終了。

自分の技量の限界を試すのが一番楽しみだったんですよ(^^ゞ
精密に作るにこした事はないですからね。
....ブリッジが心配だぁ(^^;;

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンジ

  • Author:シンジ
  • 楽しい事大好き。
    美味しいもの大好き(^^
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。