スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(*´・Д・)エェェ~?

ギター改造経過報告~その5

ブリッジ位置レベルの削りはやめました~
だって大変なんだもん(^^ゞ
そのかわりネックのジョイントにスペーサーを挟んでちょっとだけ傾斜させる事にしました。
これでほぼレスポールのような設定になりますがしょうがないですね。
ピックアップのエスカッションも多少厚みが出てしまうがこれもしょうがないです。
しょうがないもなにもレスポールとほぼ同じような部品を取り付けるんで良いのですが。
この話はギターやらない人には全くわからないでしょうね(^^;
要するに弦の糸巻き側(ヘッド)と弦の止め側が従来は水平だったのですが、トレモロアーム式からブリッジ式に変更することによって弦の止め側の位置が高くなるのです。
それを前回まではブリッジ位置を削ってレベルを下げトレモロユニット時と同じレベルにしようと思ったのです。
でも削り作業が面倒なので逆にネックのジョイントで糸巻き側ヘッド位置の方を下げる事にしました。
1~2mmのスペーサーを挟むだけで大きく傾斜が付きますのでトレモロユニットより高さのあるブリッジでも使える様になります。
それはレスポールの設定に近くなると言う事でした~

説明

今同時に、ナットの制作をしていますがこれまた難しいもんですわ。
牛骨やプラスチック、カーボンなどがあるんですがブラスにしました。

ブラス

結構硬いので加工が大変ですね。
ネック位置が固定出来たら弦の溝を切る作業に入ります。

最近北海道は晴天続きです。
どちらかと言うとやはり気持ちがいいですね。
夜が涼しいのでとても助かってます(^^v
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンジ

  • Author:シンジ
  • 楽しい事大好き。
    美味しいもの大好き(^^
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。