スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんちわ~

天気がよろしくないですわ。
今日は運動会のところも多かったと思います。
見事に中止ですね。

ようやく春っぽくなったのに何となく涼しいですなぁ
今年は暑くなるってニュースでしたが本当かな?


相変わらずいろいろな事件が多いですなぁ
気分悪いですね。
母子殺害の被害者の方かわいそうです。
もう結果はっきりしてるのに弁護団のごり押しが障害となって長引いている。
あれは誰が見ても死刑制度反対のネタに使われている。
時と場所をわきまえてもらいたい。
法廷の場でそういう事しちゃいけないよね。
反対なら反対を求める場を作って主張すべき。
現行の法律に裁判官が決定する事に対してまわりが、世界がそう言う事無くしてきてるからダメだと言うのは違うよね。
生き埋めの犯人は死刑判決になったけどあの弁護団どうする気なんだろう。
スポットで活動するから手がまわらないと思うんだよね。
反対なら反対にする代わりの代替案は当然用意するべきでそれをどうするのか具体的に話し出てないと思う。
ただ反対ってばかり。
気持ちわからないでも無いが被害者の気持ちを考えた事があるのかね~
たしかに死刑にしても生き返ってくる訳じゃない。
でも感情の生き物だからね人間は。

考えた事あるんだけど、昔あった仇討ち。
あれを合法化すればいいと思う。
やっぱりね、死刑に関して従事する関連職員の事、なんかの本で読んだ事あるけど普通の人じゃ出来ないよね。
人殺せる?尋常じゃ出来ないよ。
それもまったく関係のない人が仕事だからと言って出来ますか?
牛や豚の屠殺じゃないんだから。
なぜ仇討ちかって言うと、前述の件から悔しくて悔しくて殺してしまいたいと思っている人に任せて法律で援護してあげればいいと思う。
まともな人には出来ない。
被害者の身内はある時まともでなくなる時がある。
願ってる人も居るはず。
犯人の事をどうしても死んで欲しいって思っている人は鬼になれると思う。
でもそんな事まで出来ないって思っている人は心のどこかにまだ犯人に対しての慈悲の部分があると思う。そう言う時は死刑じゃなくて永久牢獄の刑にでもすればいい。
だって、死刑にして欲しいけど自分の手は汚したくないって言うのもまた極刑に対する安易さが頭の中にあるように思う。
仕事とは言え執行する人だってつらいはず。
自分の手でも下せない死刑を人にさせるのではなくまずは自分で仇討ち。
それをストレスなく討たせてあげるための援護を国はしてあげれば良いと思う。
自然に近い流れだと思うがいろんな考えがあるでしょうね。

私は思うんです。
殺人犯やその他の犯罪もそうですが更生出来る人と出来無い人がいる。
対等の力を持ったものがたまたまケンカとなり、打ち所が悪く死んでしまった、殺してしまったという場合。それと、いじめ(いじめ殺しは含まない)。
こういったのは更生の余地があると思う。
前者は人間だけじゃなく昔からどの生き物もやってる事。
人間は理性という部分で抑えているだけ。
後者も人間社会ではよくある事。
集団を持つと必ず派閥が出来る。

しかし、猟奇的な犯罪は病気です。
本人は病気になっている事もわからない。
こういうケースは刑務所出たってまた同じ事繰り返す。
治療しかありません。
遺伝子治療かなんかだろうけど。
おそらく医療に携わっている人達はそのへんある程度わかってるのでは無いでしょうかね。
こういう人達の犯罪に対して法廷は、完全の悪魔じゃなく微妙に人間をだすから思い切った決断が出来ないのでしょうね。
まぁ例えば考え方なんですが、悪の部分だけを罰すればいいんです。
善の部分はその判決に対して同居しているからやむを得ない、判決に同意するから善である私にかまわず悪を裁いてくださいと言うでしょう。
自分はこの人の体に同居しているだけの善であり無実だなんて主張はしないですよ。
善とはそう言うもんです。

でも本当難しいですね。
いろいろ思ってる事言いましたが、実際はもっともっと複雑であり簡単な事ではありません。これから先どういう社会になっていくのでしょうか。



ちょっとくらい話だったんで違うシリーズを....

「顔な奴ら」第一弾

DVC00009.jpg


ユニークな顔ですね~
身近にこんなのいっぱいありますよね。
みなさん悪い事で来ませんよ~
何かが見てますから(^^

では!
スポンサーサイト
プロフィール

シンジ

  • Author:シンジ
  • 楽しい事大好き。
    美味しいもの大好き(^^
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。